About

Vision

コンピュータサイエンスは、 そもそもは “Cybernetics” のような用語に象徴されるように、 「もの」と「もの」との関係性、すなわち「インタラクション」の 本質を探求する研究領域として出発しました。 「インタラクション」の概念は、人とコンピュータの関係(狭義のユーザ・インタフェース、あるいはHCI)に留まらず、 人と現実世界、あるいは現実世界とコンピュータ/ネットワーク世界との インタラクションとして敷衍して考えることができます。そこでは情報のみならず 物理的なリソース、環境、あるいはエネルギーなどとのインタラクションを考える必要が あるでしょう。このような発想に基づき、あるべき human-computer-realworld系(システム)の姿を想定し、それを具現化していく活動を行っています。

Research Topics

(具体的なプロジェクトは Projectsに掲載されています)

Cybernetic Human

サイボーグは”cybernetic organism”からきた造語で、何らかの手段によって機械と人間が合体・融合した存在です。ロボットのように、自律性をもつ機械が他に存在するのではなく、利用者と一体化したテクノロジーがサイボーグですが、この発想は多くの可能性を持っていると考えています。広い意味では、音楽プレイヤーや携帯電話を肌身離さず持ち歩いている人はもはや「情報サイボーグ」かも知れませんし、眼鏡や衣服ですらも人間の能力を拡張しているという意味ではサイボーグ的と言えるでしょう。

サイボーグ関連研究としては、医工学の分野では電子義足や人工内耳などの技術開発 が進展していますが、本研究室では人間とネットワークや情報技術との一体化に着目しています。これをサイバネティック・ヒューマ ン (Cybernetic-Human)と呼んでいます。その第一歩として人間の視覚能力をコンピュータによって拡張するAidedEyes、人間の手指動作を機能性電気刺激(FES)によって制御するPossesedHand、体外離脱視点を小型ヘリコプターで実現するFlyingEyesなどの研究を進めています。

「人馬一体」という言葉に象徴されるように、究極のテクノロジーは人間と相対するものではなく、人間そのものと一体化し、人間を拡張していくものだと考えています。従来のHCIが人間と機械との界面(Interface)を意識した研究領域だとすると、Cybernetic-Humanで着目するのは人間と技術との整合(Human Computer Integration)と呼ぶべき領域です。

実世界指向インタフェース

現実世界で生活する人間に対する自然なインタラクション手段を提供します。たとえばSmartSkinと呼ぶシステムはテーブル内に組み込まれた電界センサーによって人間の微妙な手の動きを認識します。このようなセンシング技術とインタラクションの融合により、生活環境の多様な場面がデジタル世界と自然に融合していきます。

Sensonomy

単一のセンサーから得られる情報の価値は限られていますが、それを地球的規模で収斂させていくと新たな意味が生まれます。これをソーシャルタギングやフォークソノミーになぞらえて「センソノミー(Sensonomy)」と呼んでいます。たとえば各モバイル機器がセンスするWiFi電波状況を収集すると、WiFiから位置情報を求めるためのインフラが構築可能になります。センソノミーのためにスケーラビリティのあるネットワークアーキテクチャーなどもテーマとなります。

Lifelong Computing

人間と行動を共にしてすべてを記録するライフログや、その解析・応用などがテーマです。ライフタグ(LifeTag)と呼ぶ超小型位置記録デバイスを試作し、長期間にわたる精密な位置行動履歴の取得を可能にしました。これにより、行動パターンを手がかりにする、ある種の「記憶検索エンジン」が構築可能となり、「記憶能力のテクノロジーによるサポート」につながるものだと考えています。また、記憶に対する新しいインタフェース、ビジュアリゼーション、人間の記憶がネットワーク化して他者とつながっていくなど、従来の「記憶」の概念を超えた展開を想定しています。

研究を進めるにあたって

以上のようなテーマは、多岐にわたる基盤技術の上に成り立っています。主にコンピュータサイエンス・ネットワーク・センシング・データマイニングなどの知見を使いますが、何より大事なのは「未来をイメージする力」でしょう。こんなことが可能になったら世界はどう変化するのだろうか。どんな便利な世の中ができるのか。自分は何が欲しいのだろうか。を大胆にイメージし、それをテクノロジーで具現化していく。必要な知識や技術は目的ドリブンで、どんどん学んでいくという態度が重要なのではないかと思います。

大学院志望のみなさんへ

暦本研は2007年に発足した研究室です。「未来を自ら創り体験する」、をモットーに、国内外のヒューマンインタフェース関連の研究機関・デザイン拠点などとのコラボレーションも進める予定です。チャレンジングな研究を皆さんと一緒に進めていきたいと考えています。