Squama: Modular Visibility Control of Walls and Windows for Programmable Physical Architectures

Squama is a programmable physical window or wall that can independently control the visibility of its elemental small square tiles. This is an example of programmable physical architecture, our vision for future architectures where the physical features of architectural elements and facades can be dynamically changed and reprogrammed according to people’s needs. When Squama is used as a wall, it dynamically controls the transparency through its surface, and simultaneously satisfies the needs for openness and privacy. It can also control the amount of sunlight and create shadows, called programmable shadows, in order to afford indoor comfort without completely blocking the outer view. In this paper, we discuss how in future, architectural space can become dynamically changeable and introduce the Squama system as an initial instance for exemplifying this concept.

未来の建築空間は,環境の変化や利用者の好み/必要性に応じてその物理的な特性を動的に変化させるようになるだろうというビジョン,「プログラマブル建築」を提案し,その構成要素として,部分的に透明度を制御できるプログラマブルな壁面あるいは窓システム,Squamaについて報告する.Squamaによって,従来は矛盾する要求だったプライバシーと開放性の両立させることができる.デプスセンサーによる居住者の視点位置認識により,眺望をたもちながらも景観の中で見たくないものだけを居住者の視点に基づいて選択的にマスクしたり,オフィスなどで外部者に見せたくないものなどを選択的に隠すことができる(実世界モザイク).また,日照と居住性を両立させることが可能になる.部屋の中で直射日光が当たってほしくないところをを指定すると,その領域が常に影になるように,太陽の方角に基づいて窓の一部分が自動的に不透明になる(プログラマブルな影).Squamaは建築環境に置かれたインタラクティブディスプレイとして用いることも可能であるが,居住空間を構成する面がプログラマブルになることで,環境や利用者の行動に対応した動的な居住性の向上を計ること,つまり現実を調停することを主な目的としている.


Programmable Shadows

WISS2012 presentation (best paper award), In Japanese

References

  • Jun Rekimoto, Squama: Modular Visibility Control of Walls and Windows for Programmable Physical Architectures, Advanced Visual Interfaces (AVI 2012), 2012.
  • Jun Rekimoto, Squama: A Programmable Window and Wall for Future Architectures, Ubicomp 2012 (video paper)
  • 暦本純一, Squama: プログラマブルな建築のための構成要素, WISS 2012, 最優秀論文賞受賞