Prof. Jun Rekimoto

twitter:@rkmt
Jun Rekimoto

暦本純一

(れきもと じゅんいち) 博士(理学)

Prof. Jun Rekimoto, Ph.D

ACM SIGCHI Academy member

東京大学大学院情報学環 教授
Professor, Interfaculty Initiative in Information Studies,
The University of Tokyo

also with

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長
Deputy Director,
Sony Computer Science Laboratories, Inc.

and with

Koozyt, inc. 共同創業者・取締役特別顧問
Co-founder, Koozyt, Inc.

and with

電通ISIDスポーツ&ライフテクノロジーラボシニアリサーチフェロー
Senior Research Fellow, ISID Sports & Life Technologies Laboratory

Jun Rekimoto received his B.A.Sc., M.Sc., and Ph.D. in Information Science from Tokyo Institute of Technology in 1984, 1986, and 1996, respectively. Since 1994 he has worked for Sony Computer Science Laboratories (Sony CSL). In 1999 he formed and directed the Interaction Laboratory within Sony CSL. Since 2007 he has been a professor in the Interfaculty Initiative in Information Studies at The University of Tokyo. Since 2011 he also has been Deputy Director of Sony CSL

Rekimoto’s research interests include human-computer interaction, computer augmented environments and computer augmented human (human-computer integration). He invented various innovative interactive systems and sensing technologies, including NaviCam (a hand-held AR system), Pick-and-Drop (a direct-manipulation technique for inter-appliance computing), CyberCode (the world’s first marker-based AR system), Augmented Surfaces, HoloWall, and SmartSkin (two earliest representations of multi-touch systems). He has published more than a hundreds articles in the area of human-computer interactions, including ACM SIGCHI, and UIST. He received the Multi-Media Grand Prix Technology Award from the Multi-Media Contents Association Japan in 1998, iF Interaction Design Award in 2000, the Japan Inter-Design Award in 2003, iF Communication Design Award in 2005, Good Design Best 100 Award in 2012, Japan Society for Software Science and Technology Fundamental Research Award in 2012, and ACM UIST Lasting Impact Award in 2013. In 2007, He also elected to ACM SIGCHI Academy.

1986年 東京工業大学理学部情報科学科修士過程修了。 日本電気、アルバータ大学を経て、1994年より株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所に勤務。 1999年よりソニーコンピュータサイエンス研究所 インタラクションラボラトリー室長。 2007年より東京大学大学院情報学環教授 (兼 ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)。多摩美術大学客員教授。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 訪問教授。 グッドデザイン賞審査委員。電通ISIDスポーツ&ライフテクノロジーラボシニアリサーチフェロー。CSLからスピンオフし、PlaceEngine, AR事業を展開するクウジット株式会社の共同創設者でもある。 理学博士。 ヒューマンコンピュータインタラクション全般、特に実世界指向インタフェース、拡張現実感、テクノロジーによる人間の拡張、Augmented Sportsに興味を持つ。世界初のモバイルARシステムNaviCamや世界初のマーカー型ARシステムCyberCode、マルチタッチシステムSmartSkinの発明者。研究成果はSony, Sony Computer Entertainmentの製品群、Koozytでの一連の位置情報サービスやARサービスなどに広く利用されている。ACM, 情報処理学会、日本ソフトウェア科学会各会員。 1990年情報処理学会30周年記念論文賞、 1998年MMCA マルチメディアグランプリ技術賞、 1999年情報処理学会山下記念研究賞、 2000年iF Interaction Design Award, 2003年日本文化デザイン賞、 2005年iF Communication Design Award, 2007年ACM SIGCHI Academy, 2008年日経BP技術賞、2012年グッドデザイン賞ベスト100、2013年 日本ソフトウェア科学会基礎研究賞、ACM UIST Lasting Impact Awardを受賞。

CV / bio / bio(日本語) / facebook / LinkedIn / blog / twitter / contact

Jun Rekimoto

ACM Digital Library Reference List /
ResearchGate /
DBLP / GoogleScholar / Microsoft Academic Search

Related Websites

SonyCSL Home [ Augmented Reality | CyberCode | PlaceEngine ]

Designing Interactions

R-PEOPLE

Crazy Engineer 近未来インタフェースで実生活を変える — PlaceEngineを生んだ暦本純一

Web Site Expert Academia

アマデウスたち