ACM ISS 2022 10-Year Impact Award

The following paper received “ACM ISS 2022 10 Year Impact Award”

Mujibiya, Adiyan and Cao, Xiang and Tan, Desney S. and Morris, Dan and Patel, Shwetak N. and Rekimoto, Jun, The Sound of Touch: On-body Touch and Gesture Sensing Based on Transdermal Ultrasound Propagation,  Proceedings of the 2013 ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ACM ITS 2013.

Project Page https://lab.rekimoto.org/projects/the-sound-of-touch/

TSOT1

Rekimoto Lab Openhouse 2022

2022年11月25日(金)13:00 ~ 17:00 に東京大学大学院情報学環暦本研究室のオープンハウス(共催:東京大学ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座)を開催いたします。
新型コロナウイルス感染症対策として、本年のオープンハウスは時間帯ごとの事前予約制とさせていただきます。
以下サイトより登録をよろしくお願いいたします。

https://rkmtlab.github.io/openhouse2022/

UIST 2022 presentations

At ACM UIST 2022, we present the following papers/posters:

papers:

  • Jun Rekimoto, DualVoice: Speech Interaction that Discriminates between Normal and Whispered Voice Input, ACM UIST 2022, paper, [UIST] [ACMDL] [arXiv] [project]
  • Jonathan Sutton, Tobias Langlotz, Alexander Plopski, Stefanie Zollmann, Yuta Itoh, Holger Regenbrecht, Look over there! Investigating Saliency Modulation for Visual Guidance with Augmented Reality Glasses, ACM UIST 2022, paper [UIST]

posters:

  • Kazuki Kawamura, Jun Rekimoto, AIx speed: Playback Speed Optimization using Listening Comprehension of Speech Recognition Models, ACM UIST 2022, poster [UIST]
  • Wanhui Li, Takuto Nakamura, Jun Rekimoto, RemoconHanger: Making Head Rotation in Remote Person using the Hanger Reflex, ACM UIST 2022, poster [UIST]
  • Hirotaka Hiraki, Jun Rekimoto, SilentWhisper: faint whisper speech using wearable microphone, ACM UIST 2022 poster [UIST]
  • Zixiong Su, Shitao Fang, Jun Rekimoto, LipLearner: Customizing Silent Speech Commands from Voice Input using One-shot Lipreading, ACM UIST 2022 poster [UIST]
  • Naoki Kimura, Self-Supervised Approach for Few-shot Hand Gesture Recognition, ACM UIST 2022 poster [UIST]

総合分析情報学コース入試説明会

暦本研究室が所属しています東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースの2023年4月の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた説明会を開催(ハイブリッド開催)します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。各研究室紹介等をします。

■ 日時
第1回:2022年10月15日(土)13:00〜15:00
第2回:2022年11月18日(金)18:00〜20:00

■ 開催場所(ハイブリッド開催です)
東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス
東京大学大学院情報学環ダイワユビキタス学術研究館3階
大和ハウス石橋信夫記念ホール

SIGGRAPH 2022 presentations

At SIGGRAPH 2022, we will present the following research:

Akihiro KIuchi, Taishi Eguchi, Jun Rekimoto, Manabu Tsukada, Hiroshi Esaki, ZIGEN: A Windowing System Enabling Multitasking Among 3D and 2D Applications in Immersive Environments (poster)

Asahi Adachi, Lana Sinapayen, Jun Rekimoto, Generation of Traditional Japanese Patterns From Natural Patterns With StyleGAN (poster)

暦本研究室説明会(2022/5/18 18:30)

logo

学環の入試説明会ウィークに、暦本研究室説明会をオンライン開催します。

日程 2022年5月18日 18:30-20:00 (途中参加離脱自由)

東京大学・学際情報学府を受験して暦本研究室への配属を希望されている方むけに、研究室説明会をオンライン開催します。暦本研の最新研究の紹介や、今在籍している学生さんとお話ができます。研究室の雰囲気がつかめるチャンスなので、是非ご参加ください!

詳細は以下のpeatixページをご覧ください。

https://rkmtlab2205.peatix.com/

CHI 2022 presentations


at ACM CHI2022, we present the following research:

  • Xinlei Zhang, Zixiong Su, Jun Rekimoto Aware: Intuitive Device Activation Using Prosody for Natural Voice Interactions [CHI2022link] [ACM Digital Library]
  • Naoki Kimura, Tan Gemicioglu, Jonathan Womack, Yuhui Zhao, Richard Li, Abdelkareem Bedri, Zixiong Su, Alex Olwal, Jun Rekimoto, Thad Starner, SilentSpeller: Towards mobile, hands-free, silent speech text entry using electropalatography,[CHI2022 link] [ACM Digital Library]
  • Jun Rekimoto, DualVoice: A Speech Interaction Method Using Whisper-Voice as Commands, [CHI2022 link] [ACM Digital Library]

東京大学 大学院 学際情報学府 学際情報学専攻総合分析情報学コース コース入試説明会(2023年度夏季入試)

#暦本研 が所属しています東京大学大学院学際情報学府・総合分析情報学コースのコース入試説明会が
第1回:2022年4月24日(日)13:00〜15:00
第2回:2022年5月15日(日)10:00〜12:00
第3回:2021年6月(日時詳細は未定)
でオンライン開催されます。詳しくはこちらを御覧ください:
https://www.utacs.org/?p=250