JackIn Space: Supporting the Seamless Transition Between First and Third Person View for Effective Telepresence Collaborations

JackIn Space

Traditional telepresence systems only supported first person view and users had difficulty in recognizing the surrounding situation of the remote workspace. The JackIn Space concept addresses this problem by seamlessly integrating first person view with third person view. With a head-mounted first person camera and multiple depth sensors installed in the environment, the surrogate user’s first person view smoothly changes to the out-of-body third person view, and the user who connects to the surrogate user can virtually look around the environment. The user can also dive into the other remote user’s first person view to look at the environment from the different perspective.

従来のテレプレゼンスシステムを用いた遠隔共同作業には,利用者がある特定の視点からの一人称映像しか利用できず,遠隔作業現場の状況を把握しづらいという問題があった.その解決手段として,本研究では一人称映像と三人称映像の間を自由に移行できる枠組みJackIn Space提案する.遠隔作業者(サロゲート)の頭部に取り付けた広角一人称カメラと遠隔環境に取り付けた複数のデプスセンサを利用することで,一人称映像からなめらかに体外離脱視点である三人称映像へと遷移することを可能にし,サロゲートとつながった利用者は仮想的に現場周囲の環境を見回すことができる.また,利用者は遠隔環境にいる別のサロゲートの一人称映像にも入り込むことが可能で,環境を別の視点からも観測することができる.

 

 

インタラクション2016 登壇発表

 

config2

bodyGhost

References

  • 小宮山凌平, 味八木崇,暦本純一, JackIn Space: 一人称・三人称映像間の連続的な遷移を可能にするテレプレゼンスシステム, インタラクション2016.