優秀修士論文賞

以下の修士論文が、平成29年度学際情報学府優秀修士論文賞(専攻長賞)を受賞し、3月22日の学位授与式にて表彰されました。

  • 高橋卓巳「装着型マルチローターシステムを用いた人間の跳躍力拡張に関する研究」

宅配ロボット + TiCAによるIoA実証実験

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ)と東京大学暦本研究室(以下暦本研)は、人とロボットが共生する社会に向けて、IoA(Internet of Abilities)を具現化する遠隔コミュニケーションデバイス「TiCA(チカ)」のプロトタイプを共同開発しました。

本デバイスを、株式会社ZMPが開発した宅配ロボット「CarriRo Delivery」と組み合わせ、オフィス街を自律走行する実証実験を、3月20日(火)・22日(木)・23日(金)の3日間、品川港南エリアにおいて実施します。本実証実験には、株式会社ZMPと日本マイクロソフト株式会社が技術協力を行うほか、走行ルートとなる施設やビルを運営する新日鉄興和不動産株式会社、品川グランドコモンズおよび京王電鉄株式会社が協力します。

株式会社電通国際情報サービス

東京大学 暦本研究室

https://www.isid.co.jp/news/release/2018/0319.html

IMG_0420

CarriRoの天板に置かれているのがIoA遠隔コミュニケーションデバイスTiCA。全周囲カメラによって、ジャックインした遠隔者は周辺の状況を把握することができる。付近の人と音声コミュニケーションをとることも可能。遠隔者の視線方向など遠隔者の存在感を、全周囲カメラの表面に配したLEDディスプレイによって表現している。自動走行車だけでは対処できない周辺歩行者とのコミュニケーション、デリバリー員との対応などに使用する。

 

佐藤彩夏さん 博論最終審査会

佐藤彩夏さん(東京大学学際情報学府総合分析情報学コース、暦本研究室)の博士論文最終審査会(公聴会)を以下要領で開催いたします:

論文題目:行動促進のためのインタラクティブシステムの構成手法に関する研究

日時:2018年3月30日(金) 18:00〜
於: ダイワハウス石橋信夫記念ホール(東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 3F)

審査委員:
暦本純一    東京大学 情報学環・教授 (主査)
越塚 登    東京大学 情報学環・教授
中尾彰宏    東京大学 情報学環・教授
椎尾一郎    お茶の水女子大学・教授
小池英樹    東京工業大学 情報理工学院 情報工学系教授

シンポジウム「The future is already here: SFと人間拡張の未来」

大学院情報学環 ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座)主催でシンポジウムを開催します。ゲストに早稲田大学文学学術院のドミニク・チェン氏、小説家の上田岳弘氏をお迎えして、文学とテクノロジーの相互関係から人間拡張学の未来を議論したいと考えています。下記イベントページよりお申込みの上、是非ご参加ください。

日時:
2018年3月26日(月) 16:00~18:00 (15:00 開場)

場所:
東京大学本郷キャンパス 伊藤謝恩ホール

詳細は下記イベントページをご参照ください:
https://humanaugmentation.jp/events/symposium2018/

IUI 2018


We will present the following two papers at ACM IUI (Intelligent User Interfaces) 2018

  • Detecting Utterance Scenes of a Specific Person, Kunihiko Sato (University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)
  • Flufy: Recyclable and Edible Rapid Prototyping using Fluffed Sugar, Natsuki Hamanishi (The University of Tokyo, Japan), Michinari Kono (The University of Tokyo, Japan), Shunichi Suwa (Sony CSL / The University of Tokyo, Japan), Takashi Miyaki (The University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)