東京大学大学院学際情報学府・総合分析情報学コース入試説明会(10/21, 11/10)

https://sites.google.com/site/utacsorg2015/

東京大学 大学院学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース
コース入試説明会(2018年度冬季入試)

第一回:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
第二回:2017年11月10日(金)18:30〜20:00
───────────────────────────────

2018年4月の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた
総合分析情報学コースの説明会を開催します。
受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

第一回説明会
日時:2017年10月21日(土)13:00〜15:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

第二回説明会
日時:2017年11月10日(金)18:30〜20:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 2階 204 教室
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

■総合分析情報学コース入試について
総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)
※募集要項がすでに公開されています。
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

■総合分析情報学コースについて
東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグ
データを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

■参加申込
氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申
し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報
につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。
※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

■お問い合わせ先
symposium@utacs.org

Pedro Lopes talk (Oct 3rd 1:00pm)

Pedro Lopes (Hasso Plattner Institute, Germany) will give a lecture at Tokyo University Daiwa Ubiquitous Hall.

Date & Time: Oct 3rd, 2017 13:00- (Doors open around 12:50)
Venue: Ishibashi Hall, Daiwa-Ubiquitous Research Building (3F), The University of Tokyo (direction)

Note: This lecture is a part of Tokyo University
Advanced Lectures in Applied Computer Science XII 東京大学大学院講義:総合分析情報学特論XII (aka Human-Computer Interaction Lectures), but it is open to the public.

Interactive Systems based on Electrical Muscle Stimulation

Abstract: In the past years interfaces got closer and closer to the human body to the point that now, they literally attach to it, such as wearable devices and virtual reality headsets. These provide a very direct and immersive interaction with virtual worlds. But what if, instead, these interfaces were “part of our body”? In this talk I introduce the idea of an interactive system based on electrical muscle stimulation (EMS). EMS is a technique from medical rehabilitation in which a signal generator and electrodes attached to the user’s skin are used to send electrical impulses that involuntarily contract the user’s muscles. While EMS devices have been used to regenerate lost motor functions in rehabilitation medicine since the ’60s, it has only been a few years since researchers started to explore EMS as a means for creating interactive systems. These more recent projects, including six of my projects, explore EMS as a means for teaching users new motor skills, increasing immersion in virtual experiences by simulating impact and walls in VR/AR, communicating with remote users and allowing users to read & write information using eyes-free wearable devices.

Bio: Pedro is a researcher at Prof. Baudisch’s Human-Computer Interaction Lab at the Hasso Plattner Institute, Germany. Pedro’s work is published at ACM CHI/UIST and demonstrated at venues such as ACM SIGGRAPH and IEEE Haptics. Pedro has received the ACM CHI Best Paper award for his work on Affordance++, several nominations and exhibited at Ars Electronica 2017. His work also captured the interest of media, such as MIT Technology Review, NBC, Discovery Channel, NewScientist or Wired.

(Learn more about Pedro’s work here: plopes.org/).

ヒューマンオーグメンテーション学寄付講座サマースクール 「感覚の拡張・変換」

ss_top2-01_copy

東京大学情報学環ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座)では,学生向けのサマースクールを2017年9月21日(木)〜23日(土)の3日間開催します.

レクチャー形式の技術解説や最新研究動向セミナーと,実際に参加者が手を動かすワークショップからなるこのイベントでは,「感覚の拡張・変換」をテーマに様々な興味を持った学生を募りハッカソン形式のグループワークを行います.

開催日程
9月21日(木) 13:00-20:00 ソニー本社見学,レクチャー, ディナーイベント
9月22日(金) 10:00-18:00 各グループに別れてアイデア創出・プロトタイピング
9月23日(土) 10:00-20:00 プレゼンテーション・審査,講評会,懇親会

募集人数:20名程度
参加費:無料(会場までの交通費および宿泊費は全額個人負担となります.)

詳細は以下をご参照ください:
https://humanaugmentation.jp/summerschool2017/

The University of Tokyo Human Augmentation Studies (Sony endowed chair)
Summer School 2017: “Extension and Substitution of Perception”

The University of Tokyo Human Augmentation Studies will hold a 3-day summer school for students from September 21st to 23rd.

This event is consisting of a lecture on latest research trend, and a Hackathon-style workshop where participants actually create perception-enhancing devices. We invite students of various interests with the theme of “Extension and Substitution of perception”.

We are recruiting students those who can exchange with other fields while researching and practicing in the fields of engineering and art, and are able to explore new possibilities of human augmentation science of the future.

The number of participants : 20
Participation fee: Free
Venue: The University of Tokyo Hongo Campus Daiwa Ubiquitous Computing Research Building
Eligibility: University Students
Application deadline: August 25 (Fri)

For detailed information, please refer to the following web page:
https://humanaugmentation.jp/summerschool2017/

情報学環/総合分析情報学コース入試説明会

2017年6月10日(土)に、暦本研究室が所属しています東京大学情報学環および総合分析情報学コースの入試説明会があります。受験を検討されている方はふるってご参加ください:

東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻
総合分析情報学コース 第二回 コース説明会2017
2017年6月10日(土)10:00〜11:30
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール

平成29年度東京大学大学院学際情報学府入試説明会
Orientation for the entrance examination of the graduate school of interdisciplinary information studies, the University of Tokyo
2017年6月10日(土)13:30 – 16:30
Saturday, June 10, 2017, 13:30-16:30
場所:東京大学本郷キャンパス・情報学環福武ホール地下2階ラーニングシアター
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
B2 floor, Fukutake Hall, Hongo Campus

どちらも申込不要、入場無料です。

三澤加奈さんの博士論文最終審査会(公聴会)

三澤加奈(東京大学学際情報学府総合分析情報学コース、暦本研究室)の博士論文最終審査会(公聴会)を以下要領で開催いたします:

論文題目:顔ディスプレイを用いたテレプレゼンスシステムに関する研究
日時:2017年4月25日(火) 14:00〜
於: ダイワハウス石橋信夫記念ホール(東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 3F)

審査委員:
暦本純一    東京大学 情報学環・教授 (主査)
越塚登     東京大学 情報学環・教授
中尾彰宏    東京大学 情報学環・教授
相澤清晴    東京大学 情報理工学研究科・教授
葛岡英明    筑波大学 システム情報工学研究科・教授

総合分析情報学コース入試説明会

暦本研が所属しています、総合分析情報学コース 第一回 コース入試説明会(2018年度夏季入試)を以下要領で開催します:

日時:2017年4月22日(土曜)13:00〜14:30

場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)

ダイワユビキタス学術研究館 3階ダイワハウス石橋信夫記念ホール