宅配ロボット + TiCAによるIoA実証実験

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ)と東京大学暦本研究室(以下暦本研)は、人とロボットが共生する社会に向けて、IoA(Internet of Abilities)を具現化する遠隔コミュニケーションデバイス「TiCA(チカ)」のプロトタイプを共同開発しました。

本デバイスを、株式会社ZMPが開発した宅配ロボット「CarriRo Delivery」と組み合わせ、オフィス街を自律走行する実証実験を、3月20日(火)・22日(木)・23日(金)の3日間、品川港南エリアにおいて実施します。本実証実験には、株式会社ZMPと日本マイクロソフト株式会社が技術協力を行うほか、走行ルートとなる施設やビルを運営する新日鉄興和不動産株式会社、品川グランドコモンズおよび京王電鉄株式会社が協力します。

株式会社電通国際情報サービス

東京大学 暦本研究室

https://www.isid.co.jp/news/release/2018/0319.html

IMG_0420

CarriRoの天板に置かれているのがIoA遠隔コミュニケーションデバイスTiCA。全周囲カメラによって、ジャックインした遠隔者は周辺の状況を把握することができる。付近の人と音声コミュニケーションをとることも可能。遠隔者の視線方向など遠隔者の存在感を、全周囲カメラの表面に配したLEDディスプレイによって表現している。自動走行車だけでは対処できない周辺歩行者とのコミュニケーション、デリバリー員との対応などに使用する。

 

佐藤彩夏さん 博論最終審査会

佐藤彩夏さん(東京大学学際情報学府総合分析情報学コース、暦本研究室)の博士論文最終審査会(公聴会)を以下要領で開催いたします:

論文題目:行動促進のためのインタラクティブシステムの構成手法に関する研究

日時:2018年3月30日(金) 18:00〜
於: ダイワハウス石橋信夫記念ホール(東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 3F)

審査委員:
暦本純一    東京大学 情報学環・教授 (主査)
越塚 登    東京大学 情報学環・教授
中尾彰宏    東京大学 情報学環・教授
椎尾一郎    お茶の水女子大学・教授
小池英樹    東京工業大学 情報理工学院 情報工学系教授

IUI 2018


We will present the following two papers at ACM IUI (Intelligent User Interfaces) 2018

  • Detecting Utterance Scenes of a Specific Person, Kunihiko Sato (University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)
  • Flufy: Recyclable and Edible Rapid Prototyping using Fluffed Sugar, Natsuki Hamanishi (The University of Tokyo, Japan), Michinari Kono (The University of Tokyo, Japan), Shunichi Suwa (Sony CSL / The University of Tokyo, Japan), Takashi Miyaki (The University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)

INTERACTION 2018


Interaction 2018 で以下の論文を発表します:

  • 分割磁界供給型骨伝導による常時装着音響デバイス 暦本 純一 (東大/ソニーCSL) 論文賞(ベストペーパー)受賞
  • 多様な雑音に対して耐性のある声質変換システム 佐藤 邦彦 (東大),暦本 純一 (東大/ソニーCSL)

Augmented Human 2018でBest Paper受賞

以下の論文がAugmented Human 2018でBest Paper Award を受賞しました。山下君おめでとう!

  • Investigation of Tracer Particles Realizing 3-Dimensional Water Flow Measurement for Augmented Swimming Training, Shogo Yamashita, Shunichi Suwa, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto Best Paper Award

 

27867548_10156509050864245_2129953566006372193_n

卓越講義:熱帯都市国家シンガポールでの研究生活~ドローン・ヨット・カラスと対話~

暦本研出身で現在シンガポール大学研究員の末田航氏による以下の講演会を開催します。研究活動の紹介に加えて、シンガポール・シンガポール大での生活、日本との違いなどについてもいろいろ紹介して頂く予定です。学外の方も聴講できますので奮っての参加をお願いします。

タイトル:
熱帯都市国家シンガポールでの研究生活~ドローン・ヨット・カラスと対話~

講演者:
末田航 シンガポール国立大学スマートシステム研究所 リサーチフェロー (博士(学際情報学)・暦本研究室出身)

http://apochangjp.wixsite.com/koh-sueda

アブストラクト:
建国50年余りで、東南アジアのグローバル都市国家へと発展したシンガポール共和国は、現在金融や物流産業が支える同国を、環境や医療、ICTやコンテンツなど新たな高付加価値産業構造への転換を図っている。また、同国政府と大学などの研究機関が一連托生となって国外からの人材を集め、また国際産学官連携を強く推奨するなど、国際色豊かな科学技術産業振興政策を推し進めている。本トークでは、移住7年目になる演者が、所属研究所の重点研究テーマである人工知能やドローン、ビッグデータ利活用、そして強く推奨される国際共同連携活動に沿いつつ取り組むプロジェクトを、シンガポールでの研究生活エピソードなどを交えながら紹介する。

日時: 3月1日 13:00〜
会場: 東京大学本郷キャンパス・ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール