IEEE VR 2019

We are going to present the following 8 papers at IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications:

  • Michinari Kono, and Jun Rekimoto, wavEMS: Improving Signal Variation Freedom of Electrical Muscle Stimulation, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Kohei Toyoda, Michinari Kono, and Jun Rekimoto, Post-Data Augmentation to Improve Deep Pose Estimation for Extreme and Wild Motions, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Romain Nith, Jun RekimotoFalconer: A Tethered Aerial Companion for Enhancing Personal Space, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Ryota Mori, Shoko Kasuga, Shunichi Kasahara, Junichi Rekimoto, Junichi Ushiba, Aftereffect of Visuomotor Adaptation to Gradually Distorted Reality Displayed on a See-Through Head-Mounted Device Is Associated with Pre-Movement Readiness Cortical Activity, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Natsuki Hamanishi, Jun Rekimoto, SuppleView: decreasing physically limitations on the movement imitation with viewing motions in the video, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Kenta Saito, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto, The method of reducing Phantom Limb Pain using optical see-through Head Mounted Display, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Keisuke Shiro, Kazme Egawa, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto, InterPoser: Visualizing Interpolated Movements for Bouldering Training, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Eriko Maruyama, Jun Rekimoto, CompoundDome:A wearable dome device that enables interaction with the real world by partially transmitting the screen, , IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications

河野通就君博論最終審査会

河野通就君 博論最終審査会
河野通就君(東京大学学際情報学府総合分析情報学コース、暦本研究室)の博士論文最終審査会(公聴会)を以下要領で開催いたします:

論文題目:Providing an Experimental Platform for Interfaces that Apply Electricity to the Human Body

日時:2018年12月6日(木) 18:45〜
於: ダイワハウス石橋信夫記念ホール(東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 3F)

審査委員:
暦本純一    東京大学大学院情報学環・教授 (主査)
越塚 登    東京大学大学院情報学環・教授
中尾彰宏    東京大学大学院情報学環・教授
筧 康明                   東京大学大学院情報学環・准教授
川原圭博    東京大学大学院情報理工学系研究科・准教授

入試説明会

暦本研究室が所属しています、東京大学 大学院 学際情報学府 学際情報学専攻総合分析情報学コースの コース入試説明会(2019年度冬季入試)を以下要領で開催します:

第一回:2018年10月20日(土)10:00〜12:00
第二回:2018年11月9日(金)18:00〜20:00
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/
http://www.utacs.org/

【場所】 本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座)活動報告

情報学環 ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座) https://humanaugmentation.jp/ の2017年度の活動報告書を公開します:

東京大学大学院情報学環 ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座)活動記録 I
暦本純一・味八木崇・石黒祥生 編 (PDF)


WISS2018

9月27日から開催されている #WISS2018 (日本ソフトウェア学会インタラクティブシステムとソフトウェアに関する研究会)で、研究室から以下の研究発表をします:

  • CompoundDome: スクリーンを部分的に透過することにより現実世界とインタラクションを可能にする装着型ドーム装置, 丸山 英梨子(東大),暦本 純一(東大/Sony CSL)
  • 同期的共同作業における空間的指示を補助するカーソル拡張型コミュニケーション手法, 松田 暁(東大),加藤 淳,尾形正泰,濱崎雅弘,後藤真孝(産総研),暦本純一(東大/Sony CSL)

また、共同研究をしている電通国際情報サービス様が企業デモとしてTiCAに関する発表を行います。