IUI 2018


We will present the following two papers at ACM IUI (Intelligent User Interfaces) 2018

  • Detecting Utterance Scenes of a Specific Person, Kunihiko Sato (University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)
  • Flufy: Recyclable and Edible Rapid Prototyping using Fluffed Sugar, Natsuki Hamanishi (The University of Tokyo, Japan), Michinari Kono (The University of Tokyo, Japan), Shunichi Suwa (Sony CSL / The University of Tokyo, Japan), Takashi Miyaki (The University of Tokyo, Japan), Jun Rekimoto (The University of Tokyo / Sony CSL, Japan) (demo paper)

INTERACTION 2018


Interaction 2018 で以下の論文を発表します:

  • 分割磁界供給型骨伝導による常時装着音響デバイス 暦本 純一 (東大/ソニーCSL) 論文賞(ベストペーパー)受賞
  • 多様な雑音に対して耐性のある声質変換システム 佐藤 邦彦 (東大),暦本 純一 (東大/ソニーCSL)

Augmented Human 2018でBest Paper受賞

以下の論文がAugmented Human 2018でBest Paper Award を受賞しました。山下君おめでとう!

  • Investigation of Tracer Particles Realizing 3-Dimensional Water Flow Measurement for Augmented Swimming Training, Shogo Yamashita, Shunichi Suwa, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto Best Paper Award

 

27867548_10156509050864245_2129953566006372193_n

卓越講義:熱帯都市国家シンガポールでの研究生活~ドローン・ヨット・カラスと対話~

暦本研出身で現在シンガポール大学研究員の末田航氏による以下の講演会を開催します。研究活動の紹介に加えて、シンガポール・シンガポール大での生活、日本との違いなどについてもいろいろ紹介して頂く予定です。学外の方も聴講できますので奮っての参加をお願いします。

タイトル:
熱帯都市国家シンガポールでの研究生活~ドローン・ヨット・カラスと対話~

講演者:
末田航 シンガポール国立大学スマートシステム研究所 リサーチフェロー (博士(学際情報学)・暦本研究室出身)

http://apochangjp.wixsite.com/koh-sueda

アブストラクト:
建国50年余りで、東南アジアのグローバル都市国家へと発展したシンガポール共和国は、現在金融や物流産業が支える同国を、環境や医療、ICTやコンテンツなど新たな高付加価値産業構造への転換を図っている。また、同国政府と大学などの研究機関が一連托生となって国外からの人材を集め、また国際産学官連携を強く推奨するなど、国際色豊かな科学技術産業振興政策を推し進めている。本トークでは、移住7年目になる演者が、所属研究所の重点研究テーマである人工知能やドローン、ビッグデータ利活用、そして強く推奨される国際共同連携活動に沿いつつ取り組むプロジェクトを、シンガポールでの研究生活エピソードなどを交えながら紹介する。

日時: 3月1日 13:00〜
会場: 東京大学本郷キャンパス・ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール

 

Augmented Human 2018

At Augmented Human 2018, the following papers will be presented.

Conference: 9th Augmented Human International Conference (AH2018, Feb. 7-9, Seoul, Korea)

  • Investigation of Tracer Particles Realizing 3-Dimensional Water Flow Measurement for Augmented Swimming Training, Shogo Yamashita, Sunichi Suwa, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto Best Paper Award
  • Design and Study of a Multi-Channel Electrical Muscle Stimulation Toolkit for Human Augmentation, Michinari Kono, Yoshio Ishiguro, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto
  • Sync Class: Visualization System for In-Class Student Synchronization, Katsuya Fujii, Plivelic Marian, Dav Clark, Yoshi Okamoto, Jun Rekimoto
  • V8 Storming: How Far Should Two Ideas Be?, Yui Kita, Jun Rekimoto

暦本研2017オープンハウス資料をお送りします:Rekimoto Lab OpenHouse 2017 Materials

P1020178

2017/11/23に開催しました暦本研究室オープンハウス #rkmtlab2017 でお渡ししていた資料をご希望の方にお送りします。返送用の角2号封筒に宛先を記入し郵送料として切手250円分を貼ったものを以下までお送りください。

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学情報学環 暦本研究室  [資料希望]

資料には

  • Rekimoto Lab Research Archives 2017 (45p, カラー)
  • 業績一覧
  • ヒューマンオーグメンテーション学:序説
  • 暦本研ロゴステッカー
  • NTS出版「オーグメンテッド・ヒューマン」(暦本:編)チラシ

が含まれています。Research Archivesは和英併記です。
※ 国外宛先へ送付ご希望の方: 資料の重量が210g程度なので必要な切手等を添付の上返送用封筒を送付ください。
※ 返信用封筒の不備や送料不足の場合は対応できませんのでご注意ください。

Upon request, we will send you the materials we supplied at Rekimoto Lab OpenHouse 2017. The materials include:

  • Rekimoto Lab Research Archive 2017 Brochure (45 pages, color, written in both Japanese and English)
  • Publication list
  • Human augmentation studies: an introcutsion (Jun Rekimoto, in Japanese)
  • Rekimoto Lab Stickers
  • “Augmeted Human” (ed. Jun Rekimoto) flyer

The Materials weight 210g. Please put appropriate stamps on the return envelope, with your return address, and send it to:

Rekimoto Lab.
Interdisciplinary Initiative in Information Studies,
The University of Tokyo
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku
Tokyo 113-0033 JAPAN