入試説明会(2020年度夏季入試)

暦本研究室が所属しています、東京大学大学院学際情報学府総合分析情報学コースの入試説明会を以下日程で開催します。

第1回:2019年4月20日(土)13:00〜15:00
第2回:2019年6月8日(土)10:00〜12:00 午後 学際情報学府入試説明会
第3回:2019年6月27日(木)18:00〜20:00

※ なお、第2回説明会を開催する、6月8日(土)午後は、東京大学大学院学際情報学府全体の入試説明会が開催されます。こちらも同時に参加されることをお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください: 総合分析情報学コース入試説明会

Augmented Human 2019

At Augmented Human 2019 we will present the following two papers, and Rekimoto participate in a panel session.

  • SubMe: An Interactive Subtitle System with English Skill Estimation Using Eye Tracking, Katsuya Fujii and Jun Rekimoto.
  • CompoundDome:A wearable dome device that enables interaction with the real world by partially transmitting the screen, Eriko Maruyama and Jun Rekimoto.
  • Panel Augmented Human in 2029 (Masahiko Inami, Jun Rekimoto, Hideo Saito, Hideki Koike, Tsutomu Terada, Albrecht Schmidt, Guillaume Moreau, Alexis Paljic and Jean-Marc Seigneur)

IEEE VR 2019

We are going to present the following 8 papers at IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications:

  • Michinari Kono, and Jun Rekimoto, wavEMS: Improving Signal Variation Freedom of Electrical Muscle Stimulation, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Kohei Toyoda, Michinari Kono, and Jun Rekimoto, Post-Data Augmentation to Improve Deep Pose Estimation for Extreme and Wild Motions, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Romain Nith, Jun RekimotoFalconer: A Tethered Aerial Companion for Enhancing Personal Space, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Ryota Mori, Shoko Kasuga, Shunichi Kasahara, Junichi Rekimoto, Junichi Ushiba, Aftereffect of Visuomotor Adaptation to Gradually Distorted Reality Displayed on a See-Through Head-Mounted Device Is Associated with Pre-Movement Readiness Cortical Activity, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Natsuki Hamanishi, Jun Rekimoto, SuppleView: decreasing physically limitations on the movement imitation with viewing motions in the video, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Kenta Saito, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto, The method of reducing Phantom Limb Pain using optical see-through Head Mounted Display, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Keisuke Shiro, Kazme Egawa, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto, InterPoser: Visualizing Interpolated Movements for Bouldering Training, IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications
  • Eriko Maruyama, Jun Rekimoto, CompoundDome:A wearable dome device that enables interaction with the real world by partially transmitting the screen, , IEEE VR 2019 Workshop on Human Augmentation and its Applications

JST 戦略的創造研究推進事業 ACT-I 加速フェーズへの採択

山下聖悟君(東京大学学際情報学府総合分析情報学コース、暦本研究室 博士2年)がJST 戦略的創造研究推進事業 ACT-I 加速フェーズに採択されました:

研究題目:水泳プール中の水の流れを3次元計測する技術の開発

研究期間:2019年4月 〜 2021年3月 (2年間)

直接経費1000万/年 (最大)

加速フェーズについて:

研究者が希望する場合は、採択課題数の3分の1程度が加速フェーズとして追加支援を受けることができます。加速フェーズでは研究を引き続き支援することでより一層大きな成果が期待される研究課題が優先されます。研究者は研究開始1年後の進捗評価までに追加支援を希望するかどうかを判断します。加速フェーズでは、年間最大で1000万円程度(直接経費)の研究費を最長2年間支援します。

参考: http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/h29/teian/top/gaiyo.html

リンク:

JST ACT-I [情報と未来] 2019年度 研究開始課題

戦略的創造研究推進事業(ACT—I)平成29年度採択者(2期生)の加速フェーズ支援対象の研究課題決定について